2019/07/24(水)

一枚展を発表した。

問い合わせ、くるといいな。一枚展ってとっくにありそうなワードだけど案外なかった。言いやすくて気に入ってる。

文章は一ヶ月近く前に書いていて、写真をやっているお客さんや身近な人に読んでもらって手直しをした。ありがたい。前回みたいな切れ味がないねと言われて、何か書き足したかったけど、どうにもうまくいかず。痺れは治りました。

「一年持つといいですねえ…ククッ」
とか
「いつまで続けるんですか?(早く潰れろ)」
みたいなことを言ってくる人がいる。
(『百書店大賞2019』を指して)「これはおいくらですか?」
「400円です」
「えー!じゃあやめときます(笑)また今度!ウププッ」
という人もいる(出版営業・50代♂)。営業成績大丈夫か?

……まあ最後のはちょっと面白かったから良いとして。はじめはブラックジョーク的に咀嚼して応対出来ていたことが、何度も繰り返し聞かされるうちにだんだん嫌になってきた。どんなリアクションをすればいいのか分からなくなってしまって、心が無になる。呪いからは極力距離を置きたい。

この店を活かすのはメンバーシップ、フォロワーシップだ。本でもクラフトビールでもなく、人だ。もちろん本はもっと増やしたいけど。

Webサイトの構成を若干変えた。一枚展と同じくBBBCも会員制度の一つとして位置づけた。

最近Macがすぐにファンを回すようになった。そろそろヤバいかなあ。

Spotifyの「メランコリー – Ballads in Blue -」というプレイリストが良い。あとNinja Sex Party。