2018/10/07(日)業務日誌

2018/10/07(日)
約束の時間に店へ。ブックオフ出張買取のドライバーさんも時間通り到着。これで一安心だ(内装業者さんに迷惑をかけない俺優秀だな・・・)。本人確認のため免許証をお見せする。

「・・・・・・住所がここと違いますね」
「ここは店をやるために借りた物件なので自宅とは違う住所です」
「身分証明書と住所が合わないと引き取ることはできません」
「そうでしたか(ハア?聞いてねーぞ顔の確認じゃねーのかよ)。どうすればいいですか?」
「確認してみます」

電話でオペレーションセンター的なところに確認するドライバーさん。説明が要領を得なくて伝わってない様子なので代わって説明。が、やはり身分証明書の住所と一致しない限りは引き取れないとのこと。で、運送会社に集荷に来てもらうやり方があって、こっちなら後日自宅住所確認の書類を書いて返送すればOKらしい。仕方ないのでそっちの方法で申し込む。さいわいなことに明日来てもらえることに。

「連日こういう不手際があるので気をつけてください」とドライバーさんが電話の向こうの人に言った。
そりゃあそうだろう。こっちは予約したときにそのことを確認されてないのだ。

あとから思ったが、古物商は確か店頭か依頼人の自宅でしか買い取りが出来ない。それが関係しているのか?もっともその制限も緩和されるようだが。

それにしても、出張買取も運送会社による集荷も査定は後日だ。ドライバーさんが本を持っていき、後日指定の口座に指定額が振り込まれる。つまりUXは同じなのだ。なのに引き取る/引き取れないの違いがあるのはおかしいだろう。

というわけで古本の撤去はさらに翌日になった。